歯科レセコンがあれば仕事をスマートにこなせる

事務作業を大幅削減

女性

診療報酬の請求をサポート

歯科レセコンとは歯科専用のレセコンシステムのことで、歯科医院のレセプトを審査支払機関に請求する為のシステムとなっています。具体的には、歯科医院の医療事務や会計をサポートするもので、診療報酬の請求業務を大幅に軽減することが出来ます。その他、患者に対する領収書発行や診療明細書発行、そして歯科疾患管理用の帳票作成が行えます。さらに、レセコンでは医療保険で義務付けられている医療事務全般をカバーしており、必要書類の様式に対応しています。昨今は、カルテの内容が詳細になっており、患者の多様性も合わさって、情報量が膨大になっています。カルテ作成や保険関連事項の入力が簡素されることで、事務手続きが迅速化され診療内容の充実にもつながるわけです。歯科レセコンの登場で、医療事務と会計が迅速化され、保険請求の算定ミスも減少できるようになりました。現在では、クラウド型のレセコンも開発されており、院内に限らず、自宅や外出先からもアクセスすることが可能です。データは全てクラウド上に保存されることになり、ユーザー自身のパソコンなどのデバイスに負担がかからないのもメリットです。また、クラウド型ではバージョンアップが簡単に行えるものが殆どで、追加料金も発生しません。保険点数の改定や薬価の改定などにも対応しており、面倒な更新手続きが必要ないわけです。加えて、セキュリティ対策に関しても万全が期されており、データのバックアップも自動で行われるので安心です。クラウド型はサポート体制も充実しており、オンラインの特性を活かした、リアルタイムのサポートが受けられます。

治療

医療機関の要

歯科以外にも病院や薬局でもそれぞれ置いてあります。レセコンが普及するまでは実際に医療事務員が点数の計算をし、お会計をもらっていましたが、今ではほとんどの歯科医院始め医療機関において、必要不可欠。レセコンはそんな重要な存在なのです。

歯

診療報酬の請求がスムーズ

歯科で利用されるレセコンは、レセプトと呼ばれる診療報酬請求の際に使用されるコンピューターです。売り上げに関するとりまとめや患者情報を追加できる機能もあるので、利便性の高さで比較できる特徴を持っています。

PCを操作する人

患者にとってメリットが大

歯科は生活スタイルの変化で、通院する場所が変わることが多々あります。また外出先で応急処置を求める場合もあります。そのような時レセコンを導入していると、治療履歴や内容・報酬などを共有することが出来ます。レセコンを通じて患者にわかりやすく説明することも出来、安心して治療に通ってもらうことが出来るのです。