歯科レセコンがあれば仕事をスマートにこなせる

診療報酬の請求がスムーズ

歯

機能の追加でさらに便利

歯科で使用しているレセコンとは、レセプトコンピューターを指しています。診療報酬請求明細(レセプト)を提出して法主の受け取りが行われるので、最もシンプルに使用できるソフトだと考えられています。診療した内容を入力して計算できるので、提出用の計算ができるほか患者に渡す診療報酬内容も出力できるのがメリットです。歯科医療保険で義務化されている用紙が出せることや、歯科疾患を管理する帳簿までレセコンが網羅できるので導入が進んでいます。ただし、現在では電子カルテの入力を積極的に推進する流れがあるので、カルテシステムの導入を検討する歯科医院も多くなりました。その流れを受ける形で、レセコンにカルテの内容を追加でいるタイプも登場しています。システムはシンプルなほうがランニングコストの軽減ができ、業務の効率化も図れるのが特徴です。レセコンを使い慣れた人がカルテシステムも併用するより、レセコンで歯科の必要な情報を全て管理出来たほうがよいという考え方もあります。もちろん、カルテシステムにレセコンを鳥居烈方式もあります。歯科によって求める機能や条件が異なるため、希望に合わせたものを選択することになるでしょう。医療事務と売上管理をメインとして使用するのであれば、レセコンは非常に便利なシステムだといえるでしょう。歯科医院開業を検討している歯科医も、レセコンの導入に関して、今後の動向を考えながら導入するのが賢明な方法です。